自力で小屋を建てています。

よるゆきのブログ

Bライフ DIY 小屋

【小屋作り】一人でどうやって壁を立てるか

投稿日:

小屋作りでの一番の難関は、壁を立てる工程でしょう。

小屋の床が完成した今、面倒で保留していた壁のことを考えざるを得なくなってきました。

床作りの様子はYoutubeにて配信しています。

人数がいればさほど考えなくパワーで押しきれるでしょうが、僕は一人でやっています。

「一人で家を建てられること」を経験として実感したいというのが一つも目標でもあるので、一人でやる方法を探ってみましょう。

それに、そのほうが楽しいに違いありません。

 

壁を一人で建てられるか?

正攻法の場合

さて、まずは正攻法。手で押し上げる方法でいけるでしょうか。

前に書いたように、壁のうち一番低いのは北側で、高さは2m、幅は3.6mあります。

小屋の設計図を描く

北側壁の設計図
壁を立てる際は、正確な長方形を崩さないために、骨組みに合板を張ってから立てる必要があります。

結構な重さになりそうですね。北側の壁は何kgになるでしょうか。

合板の重さは、厚さ12mmの構造用合板を使うとして、一枚約10kg。

それが大体4枚使うので40kg。

骨組みが大体30kgなので、合計約70kg

う~ん、持ち上げられないことはないでしょうけど、立てられるかは微妙なところ・・・というかかなり難しい気がします。

これ以上の高さがあるほかの壁は無理ですね。

ほかの方法を考えます。

ロープで引き上げる

これならできそうです。

立った壁の頂点に当たる位置にロープをかけるポールを単管パイプで組み、どうにかして壁に用意した穴に固定したロープをポールかけ、引っ張る。

ただ引っ張って無理なら滑車やウィンチを使えば行けると思います。

一応ロープと一緒に滑車を買っておきましょう。

ロープは20mで3000円、滑車は2個入りで1000円ちょいでした。

最終手段

壁を分割すれば立てるのも簡単でしょう。

でも面倒だし合板の継ぎ目が増えて不安なので、最終手段です。

多分一番でかい南側の壁は分割するしかなさそうです。

うーん

-Bライフ, DIY, 小屋
-, , ,

Copyright© よるゆきのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.